自分を極める「十牛図」の六「騎牛帰家(きぎゅうきか)」

自分を極める もともとのいのち
この記事は約5分で読めます。

「十牛図」前半は、映画「マトリックス」で描かれた「仮想世界」
「十牛図」後半は、「現実世界」に似ています。

第六図「騎牛帰家(きぎゅうきか)」は、仮想現実と現実世界を往来できる通路です。

人はこの通路を発見できないので、「仮想世界」に留まってしまい、”もともとのいのち”が流れる川にふさわしくないものにしてしまいます。

「十牛図」第六図「騎牛帰家(きぎゅうきか)」では、「2つの問い」を通じてもともとのいのちがどうなったかを示してくれます。

  • 牛に乗っているとはなにか。
  • 笛を吹いているとはなにか。

牛に乗っているとはなにか?

「十牛図」騎牛帰家(きぎゅうきか)

 

公案とは、禅を学ぶ人に「気づかせる」手法。
禅に興味はなくても、生きることに興味はあるはず。
よりよく生きたい人にとって、禅の公案は「気づきの宝庫」です。

特に「十牛図」は禅の教科書に留まらず人生の教科書です。

牛に乗っていることに、どんな意味があるのでしょう。

牛に乗って楽をするという意味ではありません。
牛は本当の自分でしたね。

そもそも、牧人は暴れる牛の手綱を持って、手なずけるように歩いていました。
緒に歩いてくれるようになったのが5枚目の「牧牛」でした。
手綱はゆるんでいましたが、まだまだ放せる状態ではありませんでした。

ゆるんでいますが、気をゆるめた状態ではありませんでした。

それが「騎牛帰家(きぎゅうきか)」では、牛に乗るまでになったのです。

「騎牛帰家(きぎゅうきか)」2つの意味

「騎牛帰家(きぎゅうきか)」

心穏やかな牛にまたがって家に帰る・・・には2つの考えがあります。

  • ひとつは、広がり・・・・「大局をみる」
  • もうひとつが、深さ・・・・「内面をみる」

逃げ出し、捉えられないように、暴れていた牛と一緒に歩くうちに、牛の煩悩を断ち切ったので、牛は本来の仏性を持った心穏やかな牛になり、乗ることも可能になりました。

ついに本来の自己を自分のものにできたのです。

本来の自分とはなにか?

37兆のネットワーク

本来の自分とは、生きたいと願う根源的ないのちそのものです。

人の命は、もともとは「卵子」です。「精子」とひとつになって、育って誕生します。

脈々と継承されてきた先祖代々の見えない生命力やそこにある環境に置かれ、教育を受け、37兆あると言われる細胞ネットワークの塊が人として形をなしていきます。

それらはひとつになって、生きようとします。これが根源的ないのちです。

水が湧き出る源流のふるさとがあるように、いのちにもあるのです。これが本当の自分の根源です。

一滴の水は一滴ですが、川に合流することで、いのちの根源を楽しみます。

涅槃寂静とはなにか?

寂静

 

牛と一体となった牧人は、牛の背に乗ると遠くまで見渡します。
遠くにある人生の輝きが見えます。涅槃寂静です。

お釈迦様はの説いた真理のひとつ涅槃寂静とはなんでしょう?

気づきのための基本として説かれた4つの真理「一切皆苦」「諸行無常」「諸法無我」「涅槃寂静」のひとつ。

ブッダに学ぶシステム思考「涅槃寂静」
涅槃寂静(ねはんじゃくじょう)は、ゴール(=可能性)を表した言葉です。誰もが正しい原因を作れば無限の可能性を得られる。裏返せば正しい原因(真理)を無視すれば可能性を閉じることになる。共有ビジョンが顕著な事例です。

煩悩とは、サンスクリット語の「ニルヴァーナ」を音写したものです。
意味は火を吹き消した状態のことで、火は煩悩、寂は不動、静は静かなことの意です。

煩悩の吹き消された悟りの世界(=涅槃)は、静やかな安らぎの境地(寂静)であるという意味です。

牧人は、感覚で「涅槃寂静」の境地を知るときが、すぐそばに来たと予感したのです。

笛を吹いているのはなにか?

笛を吹いているとはなにか

牧人は、身も心も軽く、安らかで自由な境地にあります。

牧人は牛の背に乗って、家に帰っていますが、綱を持たず笛を吹いています。

牛が自然に家へと導いてくれているのです!

なので牧人は分の内面を深く観察する余絡を持ちながら、想曲の音色を楽しみながら、家路をたどります。

本来の自己とそれを求める自己が体になったため、求めようと努力しなくても内面から湧き出る仏性を深めて、共感を悟ることができるようになってきたので、笛を楽しめるのです。

まとめ

「騎牛帰家(きぎゅうきか)」牛にまたがって家に帰る・・・には2つの考えがあります。

  • ひとつは、広がり・・・・「大局をみる」
  • もうひとつが、深さ・・・・「内面をみる」

より遠くを広く世界を見るには、つまり大局を見るには自分の内面の深さが影響します。

私たちが他者や物事をみるとき、表層だけを見ているわけではありません。
表層の下にある深層の心の働きを観る事ができると、より現象への理解が深まります。

本来の自己とそれを求める自己が体になったので、牛の背中にまたがることで、自分の目線が高くなり遠くまで見えるようになりました。

つまり、認知の歪み、ラケット、人生脚本から解放されたのです。

求めようと努力しなくても内面から湧き出る仏性を深めて、共感を悟ることができるようになってきたことを表現しています。

マインドフルネスなファイナンシャルプラン

FPご相談はこちらから

LINE

友だち追加

自分を極める十牛図 一の「尋牛」
ライフプランを進める上で「十牛図」がどのように役に立つのか、お話しましょう。 「十牛図」は、十枚の絵で構成されています。 10枚の絵はひとつの物語になっています。 1枚目の絵:自分で自分を探し始める 最初の絵は「尋牛」といい...
自分を極める十牛図 二の「見跡」
「十牛図」2枚目の絵は、牧人が探し回り、牛の足跡を発見しました。 牛がどこにいるのか、ようやく手がかりつかんだ状態の絵が「見跡(けんせき)」です。 どんな意味があるのか、分析します。 見跡:自分の中にある良い資質の手ががり見つける...
自分を極める十牛図 三の「見牛」
「十牛図」3枚目の絵「見牛(けんぎゅう)」では、ふと顔をあげてみると、牛の姿が目に入ります。 しかし、牛はまだ一部しか見えません。ここが「見牛」のポイントですね。 牛に「気づく」 「禅」では「気づき」がとても重要で...
自分を極める「十牛図」四の「得牛」
自分を極める「十牛図」4枚目は「得牛(とくぎゅう)」というように、やっと牛に追いつき、手綱をかけます。 ところが、牛は逃げだそうともがきます。 牛の力は強く、牧人も手綱を精いっぱい引っ張っています。 なぜ牛の力は強いのでしょう? ...
自分を極める「十牛図」の五「牧牛(ぼくぎゅう)」
自分を極める「十牛図」5枚目の絵「牧牛(ぼくぎゅう)」では、牧人は暴れる牛を手なずけながら帰途につきます。 ここでいう手なずけるとは、煩悩を無分別智の炎で焼き尽くすことを指しているようです。 「牧牛(ぼくぎゅう)」の問いは「牛を...
自分を極める「十牛図」の六「騎牛帰家(きぎゅうきか)」
「十牛図」前半は、映画「マトリックス」で描かれた「仮想世界」 「十牛図」後半は、「現実世界」に似ています。 第六図「騎牛帰家(きぎゅうきか)」は、仮想現実と現実世界を往来できる通路です。 人はこの通路を発見できないので、「仮想...
人生は二極分化する

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました