自分を極める「十牛図」七の忘牛存人(ぼうぎゅうぞんじん)

自分を極める もともとのいのち
この記事は約5分で読めます。

「十牛図」七番目の絵は「忘牛存人(ぼうぎゅうぞんじん/ぼうぎゅうそんにん)」です。

「忘牛存人(ぼうぎゅうぞんじん/ぼうぎゅうそんにん)」とは、もうすっかり牛のことも忘れて、ただあるだけの状態です。

牛がいなくなったことで、牛を探し、追いかけたことからはじまった「十牛図」のストーリーなのに、これでいいのでしょうか?

何か深い訳がありそうですね。

誰も言わなかった「十牛図」七番目の絵「忘牛存人(ぼうぎゅうぞんじん/ぼうぎゅうそんにん)」を解きます。

牛はどこに行ったのか?

忘牛存人(ぼうぎゅうぞんじん/ぼうぎゅうそんにん)


無我と言う言葉をよく聞きますね。

「無我」というと、「無我の境地」「無我夢中」が浮かびやすいのではないかと思います。

多くの人が「私というものがある」と考えているのは間違いで、私というものはないというのが無我です。無我は仏教とは何かを解くキーワードになる言葉です。

一体どういうことなのでしょうか?

牛は本来の自分でしたね。その牛とひとつになって、家に帰ってきました。
いまここにいるは自分と一体になった自分です。
だから牛が見えなくても大丈夫です。

無我とはなにか?

もともとのいのち

さて、いまここにいる自分(いのち)は様々な縁があって生かされています。

縁がなければ自分(いのち)はありません。
縁には良い縁もあれば悪い縁もあります。
縁からは誰も抜けだすことはできません。

あなたが花子と暮らしたいと思っても、花子には花子の縁があり、縁の都合で暮らせないこともあります。もちろん暮らせることもあります。すべては縁なのです。
諦めなさい、努力をしても無理だということではありません。

現に逃げ出した牛に気づき、「得牛」を成し遂げ「牧人」になり、牛を飼いならしたのは努力という原因を自分が作った結果です。努力が縁を作ったのです。

いまここにいるのも、努力があってこそなのです。

もし誰かが牛を知らないかとやってきたらどうしますか?

私、私。私のもの

もし誰かが牛を知らないかとやってきたら、あれは私の牛(本当の自分)だ。と反論するでしょう。
ダメだ、あの牛は私のものだ
同じように、
これはみんな私のもの、
これも私の家、
これも私のお金、
これは私の身分、
これは私の仕事、
これは私の妻(夫)、
これは私の子供、
これは私の身体
と思っています。
ダメだ、これは私のものだ
と放しません。

しかし、世界は諸行無常ですから、縁も思うようには続きません。
努力をしたことも、なにごとも、続かないのです。
続かないことを続くようにしようとすると「執着」が生まれます。

努力して、私のものになったのに、ずっと私のものであってほしいのに、思い通りにならない。
怒りが生じて、苦しむことになります。
私があると思っていることが原因になって、さまざまな問題が起きて、悩み苦しむことになります。

無我は、ただ私はいないということではなく、私のものも、実体となるものはなにもないということなのです。

だから忘牛存人(ぼうぎゅうぞんじん/ぼうぎゅうそんにん)」とは、ただあるだけなのです。
禅では気づいて、悟ることが重要です。
気づけば、悟ることができる。
悟るとは行動することです。
本当の自分に気づき、得牛、騎牛帰家で家に帰ってきました。
たっぷり行動していまここにいます。

これ以上、なにがあるのでしょう。

つまり忘牛存人(ぼうぎゅうぞんじん/ぼうぎゅうそんにん)」では、厳しい修行のすえに得た悟りさえ、消えているのです。これが無我の状態です。

本来の自分とは、牛ではなかった!

忘牛存人(ぼうぎゅうぞんじん)

本来の自分は牛だと思っていましたが、家に帰ってみたら、
さらに、本来の自分はここにいないことことに気づいたのです。

悟ったことさえ気にしない、何ものにもとらわれない本来の自己になれるからです

「この世にあるものはすべて因縁で生まれてきただから体はない」というのが本来の自己とは、縁のなかにいる自分です。

重要なのが、無形資産と呼ばれる4つの資産です。

無形資産

無形資産とは、生産性資産・活力資産・変身資産にパートナー資産を付け加えたものです。
これら4つの無形資産は、金融資産と相互依存の関係で育っていきます。

そこで疑問が起こると思います。
これらは「私そのものではないのか?」

私のことですが、持続可能な社会をキープするために必要な資産です。

ウイルスが世界に恐怖をばらまき、この先、なんども、災害と併せて。私たちは大きな変化を経験するに違いないでしょう。

そこでは不条理を解決するのは、「大宇宙」の発想です。つまり一人一宇宙の連帯と絆です。

人は誰も、一人一宇宙で入ることも出ることもできないけれど、繋がることができます。
近未来に置いて、人間が存在できるのかどうかすら解らない時代に、それぞれの一人一宇宙を堅固にしておく必要があります。

「よい人生」を送るための条件について、これまで漠然といだいていた常識の多くを聞い直す必要に迫られています。サイバーアタック、サイバーセキュリティ標準の遵守など変化に目を閉ざすのは大切な人たちの未来を危険にさらし、社会を持続不可能にすることでしかありません。

精神的な幸福と経済的な豊かさを得られる働き方を見つけることは、将来の自分と大切な人たちにあなたが贈れる素晴らしいプレゼントだ。未来について考えて行動することを後回しにし、手遅れになるのは避けなければなりません。

そのためにはひとりひとりがライフプランを策定し、もともとのいのちを守ることは、いのちへの慈愛、共感なのです。

まとめ

「十牛図」七番目の「忘牛存人(ぼうぎゅうぞんじん/ぼうぎゅうそんにん)」は。悟ったことさえ気にしない、何ものにもとらわれない、執着のない、本来の自己になれたことを表しています。

気づけば、悟ることができる。
その悟りさえ気にならない一体となった状態は、慈愛(共感)そのものです。

マインドフルネスなファイナンシャルプラン

オンラインの予約はこちら

LINE友だち追加

LINE

自分を極める十牛図 一の「尋牛」
ライフプランを進める上で「十牛図」がどのように役に立つのか、お話しましょう。 「十牛図」は、十枚の絵で構成されています。 10枚の絵はひとつの物語になっています。 1枚目の絵:自分で自分を探し始める 最初の絵は「尋牛」といい...
自分を極める十牛図 二の「見跡」
「十牛図」2枚目の絵は、牧人が探し回り、牛の足跡を発見しました。 牛がどこにいるのか、ようやく手がかりつかんだ状態の絵が「見跡(けんせき)」です。 どんな意味があるのか、分析します。 見跡:自分の中にある良い資質の手ががり見つける...
自分を極める十牛図 三の「見牛」
「十牛図」3枚目の絵「見牛(けんぎゅう)」では、ふと顔をあげてみると、牛の姿が目に入ります。 しかし、牛はまだ一部しか見えません。ここが「見牛」のポイントですね。 牛に「気づく」 「禅」では「気づき」がとても重要で...
自分を極める「十牛図」四の「得牛」
自分を極める「十牛図」4枚目は「得牛(とくぎゅう)」というように、やっと牛に追いつき、手綱をかけます。 ところが、牛は逃げだそうともがきます。 牛の力は強く、牧人も手綱を精いっぱい引っ張っています。 なぜ牛の力は強いのでしょう? ...
自分を極める「十牛図」の五「牧牛(ぼくぎゅう)」
自分を極める「十牛図」5枚目の絵「牧牛(ぼくぎゅう)」では、牧人は暴れる牛を手なずけながら帰途につきます。 ここでいう手なずけるとは、煩悩を無分別智の炎で焼き尽くすことを指しているようです。 「牧牛(ぼくぎゅう)」の問いは「牛を...
自分を極める「十牛図」の六「騎牛帰家(きぎゅうきか)」
「十牛図」前半は、映画「マトリックス」で描かれた「仮想世界」 「十牛図」後半は、「現実世界」に似ています。 第六図「騎牛帰家(きぎゅうきか)」は、仮想現実と現実世界を往来できる通路です。 人はこの通路を発見できないので、「仮想...
人生は二極分化する

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました