自分を極める「十牛図」八の人牛倶忘(じんぎゅうぐぼう)

自分を極める もともとのいのち
この記事は約4分で読めます。

「十牛図」の八「人牛倶忘(じんぎゅうぐぼう/にんぎゅうぐぼう」は、禅ではおなじみの空、円相になっています。

円相には「必要がものは全部あり、無駄なものはなにひとつない」という意味があります。

「十牛図」の七では、牛がいなくなって牧人だけでした。

「十牛図」の八では「人牛倶忘(じんぎゅうぐぼう」では、牧人もいなくなりました!
どうしたんでしょう?

 

  • 頑張っているので望む結果が出せないでいる方
  • 思うようにいかず疲れたと感じている方
  • これから何かを始めようとしている方
  • 変化を恐れている方

円相

円相

牛のことを忘れたばかりか、ここには牧人の姿さえ見えません
あるのは、真っ白な円かつだけです

「人牛倶忘(じんぎゅうぐぼう/にんぎゅうぐぼう」は、人も牛も忘れられたという意味で、空白の円があるだけ。

空白の円は、禅のシンボリックな表現で「円相」といいます。

禅語「円相」の意味は「必要なものは全部あり、無駄なものはなにひとつない」・・・・空(くう)です。

つまり人も、牛も必要がない・・・・ということになりますね?

つまり「この世にあるものはすべて因縁で成り立っているだから体はない」・・・これが空!

空(くう)とは何か

空とはなんでしょう。
なりきれば(自分は)消えてしまいます。

まどろんでいた牧人は、「真の自己になりきった」ことで、「真の自己」も空になりきって、ひとまずめでたしです。

まどろむ・・・つまりこれが瞑想状態です。すべては縁でできている。あるがままの自分とは、縁でできた自分だから縁があるだけで実体はない。目先のことに囚われず、ゆったりと自然に生きるとよい・・・だから牛は消えたのです。

もし、まどろんでいた牧人が「おれは真の自己になりきった」と自慢気に語れば、その瞬間、牛も見失い、いちばん最初の絵である「尋牛」の図に戻ってしまいます

「この世にあるものはすべて因縁で成り立っているだから体はない」・・・それが空です。
自我(=自意識)がない状態。

つまり自我があるうちは、執着が生まれ、迷いが生まれる危険な可能性があります。

「人牛倶忘」の状態は、執着も迷いも生まれない状態であると示唆しています。

誰もが望みながら具体的にイメージできなくて、どこか別の場所にあると探している。
でもこんなに近くにあったんだという話ですよね。疲れない生き方、楽しい生き方の極意です。

「人牛倶忘」は、ライフプラン ステップ7の段階

この「人牛倶忘」の状態を、ライフプラン ステップ7の段階に置いています。

マインドフルネスなライフプランは、は次のステップで行います。

  1. ステップ1.お客様との関係確立とその明確化
  2. ステップ2.お客様データの収集と目標の明確化
  3. ステップ3.お客様のファイナンス状態の分析
  4. ステップ4.対策とプランの検討・立案と提示
  5. ステップ5.プラン実行への決意表明
  6. ステップ6.プランの実行援助
  7. ステップ7.プランの定期的見直し

「人牛倶忘」の状態を、ライフプラン ステップ7の段階に置いてあるのは、執着も迷いも生まれない状態にするからです。

ライフプランを意識するようでは、気負いがあり疲れます。
日常生活として顔を洗うように習慣化されたものなら、淡々と過ごせます。

しかし世の中は諸行無常、変わらないものはありません。
ライフプランも見直しが必要になります。

定期的な見直しは健康診断をするように行います。すべては平常心なのです。

日常生活にビルトインされたライフプランは意識することなく、暮らしに溶け込みます。

まとめ

「人牛倶忘」の状態は、気負いもなく。執着も迷いも生まれない状態です。
もはや感情的な人生脚本もなく。日常生活を淡々とルーチンワークで繰り返すだけです。

ルーチンワーク(習慣化された生活)を退屈に感じるのは、刺激を自分の外に求めるからですが、もうそんな無駄なことをしなくても、やりがいも生きがいも自分のうちに全部揃っています。

ルーチンワークの先によろこびのゴールがあり、エンドレスにワンダフルな人生があります。

 

FPご相談はこちらから

LINE

友だち追加

自分を極める十牛図 一の「尋牛」
ライフプランを進める上で「十牛図」がどのように役に立つのか、お話しましょう。 「十牛図」は、十枚の絵で構成されています。 10枚の絵はひとつの物語になっています。 1枚目の絵:自分で自分を探し始める 最初の絵は「尋牛」といい...
自分を極める十牛図 二の「見跡」
「十牛図」2枚目の絵は、牧人が探し回り、牛の足跡を発見しました。 牛がどこにいるのか、ようやく手がかりつかんだ状態の絵が「見跡(けんせき)」です。 どんな意味があるのか、分析します。 見跡:自分の中にある良い資質の手ががり見つける...
自分を極める十牛図 三の「見牛」
「十牛図」3枚目の絵「見牛(けんぎゅう)」では、ふと顔をあげてみると、牛の姿が目に入ります。 しかし、牛はまだ一部しか見えません。ここが「見牛」のポイントですね。 牛に「気づく」 「禅」では「気づき」がとても重要で...
自分を極める「十牛図」四の「得牛」
自分を極める「十牛図」4枚目は「得牛(とくぎゅう)」というように、やっと牛に追いつき、手綱をかけます。 ところが、牛は逃げだそうともがきます。 牛の力は強く、牧人も手綱を精いっぱい引っ張っています。 なぜ牛の力は強いのでしょう? ...
自分を極める「十牛図」の五「牧牛(ぼくぎゅう)」
自分を極める「十牛図」5枚目の絵「牧牛(ぼくぎゅう)」では、牧人は暴れる牛を手なずけながら帰途につきます。 ここでいう手なずけるとは、煩悩を無分別智の炎で焼き尽くすことを指しているようです。 「牧牛(ぼくぎゅう)」の問いは「牛を...
自分を極める「十牛図」の六「騎牛帰家(きぎゅうきか)」
「十牛図」前半は、映画「マトリックス」で描かれた「仮想世界」 「十牛図」後半は、「現実世界」に似ています。 第六図「騎牛帰家(きぎゅうきか)」は、仮想現実と現実世界を往来できる通路です。 人はこの通路を発見できないので、「仮想...
自分を極める「十牛図」七の忘牛存人(ぼうぎゅうぞんじん)
「十牛図」七番目の絵は「忘牛存人(ぼうぎゅうぞんじん/ぼうぎゅうそんにん)」です。 「忘牛存人(ぼうぎゅうぞんじん/ぼうぎゅうそんにん)」とは、もうすっかり牛のことも忘れて、ただあるだけの状態です。 牛がいなくなったことで、牛を探し、追...
自分を極める「十牛図」八の人牛倶忘(じんぎゅうぐぼう)
「十牛図」の八「人牛倶忘(じんぎゅうぐぼう/にんぎゅうぐぼう」は、禅ではおなじみの空、円相になっています。 円相には「必要がものは全部あり、無駄なものはなにひとつない」という意味があります。 「十牛図」の七では、牛がいなくなって牧...
自分を極める「十牛図」九の返本還源(へんぽんげんげん)
人から習えないことは、身をもって学ぶだけです。 その分、時間がかかり遅れる場合もあります。 身につけていた三毒が邪念となって、 悟りを遠ざけていても目を覚まします。 あなたの善良で優しい心である本質を思い出すのです。 十牛図は、良...

 

100年時代の二極化

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました